腕利きの弁護士である村瀬孝司

村瀬孝司は、現在は30歳になろうかというところですが、沢山の人をこれまでに助けてきました。彼は、実は腕利きの弁護士なのです。その弁護についての知識は他の弁護士の追随を一切許すことはありません。そのくらいに優れた能力を持っているのです。

そもそも、村瀬孝司がどうして弁護士を目指したのかですが、小学生の時代にさかのぼります。友達がある日、悪いことをしたと言って、周りの子供たちからいじめを受けていたのです。このいじめの内容は、お金を盗ったやら盗っていないやらといった内容で、子供ながらにかなりヘビーな内容だと思われるのですが、そのあまりにひどい追求を見たとき、誰かこの子を救ってあげる存在がいなければだめだと思ったのが、弁護士になりたいと思ったことの始まりなのです。

弁護士になるための勉強というのがあったのですが、それはとても大変なものでした。相応の知識はもちろんのことですし、当然のことながら法律に関しても精通していなければなりませんでした。そんなわけで、村瀬孝司はかなり法律に精通しているということがあるのです。かなりの法律の精通具合がなければ、弁護士になることは出来ません。それこそ弁護士は大変な仕事なのですが、村瀬孝司は見事それをやり遂げているというわけです。

ちなみに、彼にはまた弁護士とは別の夢があるのです。それは、世界中を旅するというものです。世界を旅するということは、とても大変なことですし、何よりもお金も時間もかかるものですが、そのために働いているといっても過言ではないわけです。そして、世界の中でも、村瀬孝司が最も行きたいと思っているのがオーストラリアです。

オーストラリアはたくさんの自然があって、雄大な景色が広がっているのです。もちろん、他の地域でもそういったところはあるのですが、何よりも村瀬孝司はそこに行ってみたいと思っているのです。ただ、世界を旅して回るというのは、時間がかかるものですから、おそらく定年してからではないかという考えがあるのです。

現在は村瀬孝司は弁護士として頑張っていますが、更にその活躍の場を広げていくに違いありません。そうすることで、もっともっと沢山の困っている人たちを助けることが出来るようになるはずです。そうすることこそが、彼は生きることの使命であるとしているのです。この使命を達成することが出来たとき、大きな目標にたどり着くことが出来ると信じて、仕事を続けています。そしてこれからも彼の活躍は続くのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 徳永祐助はインテリアデザイナーをしており、その仕事に日々やりがいを感じています。多くの人は自分の好き…
  2. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…
  3. 村瀬孝司は、現在は30歳になろうかというところですが、沢山の人をこれまでに助けてきました。彼は、実は…

アーカイブ

ページ上部へ戻る