太陽光発電の助成金制度について/下田穣

下田穣は、「国や地方自治体による太陽光発電の助成制度」について詳しく語っています。リベラルソリューション株式会社の代表取締役である彼はまず、東日本大震災に派生する原発事故が起きてから、電力への見直しが進められています。クリーンエネルギーとして使用することのできる太陽光発電等のエネルギーにも着目しています。こうした電力の見直しは、効果的に電力を使用していくためにも欠かすことができないと説いています。

自身が会社を通じ、自然エネルギーの重要さと成長性を見込んでいるようです。また、リベラルソリューション株式会社は自然エネルギーの分野に着目をして、太陽光発電システムや一戸建ての家などに導入されている、オール電化の製品を一人ひとりのライフプランに合わせて提案しています。またこの太陽光発電に関しては、助成金制度にも注目したいところです。

助成金制度に関しては、太陽光発電普及拡大センターが中心となって進めていますが、気になるのは金額です。助成金制度の金額は、1kWあたり3万円か、3.5万円という金額なので高額といえるでしょう。一般家庭向けの設備であれば、3〜4kWほどのものが主流になるので、金額は合計で9万円から14万円になっています。この金額は、設備によっても導入コストが大きく異なってくるので一概にはこの金額とはいえないようですが、おおよそで10万円程度の助成金が出ると言われているので、このくらいの金額と考えていても良いといるでしょう。ただし、助成金は太陽光発電の設置が完了してからでないと下りないので、注意が必要です。

また、住居に設置して電力会社と買電契約を結んだり、設備に条件が制約されるものもあります。こうした一般家庭に導入する設備であれば、どんなものでも問題なく助成制度を受けることができると下田穣は言っています。ただ、もし導入について心配な点があれば導入時に販売店に相談をしてみると良いでしょう。

気になる点があれば、導入時に販売店に相談をしておくと、安心して設備を使うことができるようになると言えます。なお同センターでは、補助金制度に関する説明会も全国各地で実施がされているので、不明点や知りたいことなどは、気軽に質問しやすいといえます。個別に説明を受けたい事柄もありますが、こうした説明会に参加をしてみると知らないことも知るキッカケになるので、とても効果的といえるでしょう。気になることがあれば、下田穣が勧めるような、こういった説明会にも参加をしてみるとまたいろいろな知識を蓄えることができるようになるといえます。

下田穣 :リベラルソリューション株式会社の代表取締役社長。人材派遣会社や不動産コンサルティング会社で営業とコンサルティングを経て現社を設立。現在は自然エネルギー分野に着目し様々な事業をおこなう。

国や地方自治体による太陽光発電の助成制度/下田穣
http://news.goo.ne.jp/article/biztimes/business/biztimes-20121024-01.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 大同電工株式会社をご紹介します。東京都港区に本社を構えており、仮設電気工事にまつわる様々な業務をワン…
  2. 日本ペットシッターサービスは、ペットシッター業務や日本ペットシッターサービスのフランチャイズ事業・ペ…
  3. 西崎泉という人物をご存じの方は少ないかもしれません。西崎泉氏は、ニンバスアソシエイツ株式会社という企…

アーカイブ

ページ上部へ戻る