吉野美穂子とclub one(クラブワン)の魅力

吉野美穂子さんとの出会いは街のヨガスクールですが、吉野美穂子さんは大学一年次のころからヨガについて興味があり、club one(クラブワン)というヨガサークルを友人と一緒に立ち上げていました。
もともと体を動かすことも人と集まって何かを起こすことも好きだった吉野美穂子さんは、小さいころからガールスカウトや地域のバドミントン大会に参加したり、学校でも体育祭の実行委委員を買ってでるなど積極的な女の子だったそうです。お母さんが水泳のインストラクターをされていて、お父さんはロッククライミングが趣味というからスポーツ一家だったのでしょう。
大学では理学療法士のコースを専攻しました。予防運動を学ぶ際にストレッチとヨガを組み合わせたらどうかと思い、友人に相談しました。大学のゼミ内でヨガと予防運動の研究が始まり、徐々に広がっていったそうです。
最初はヨガが何をするものかも知らなかったということですが、実際にヨガスクールに通ったり動画やビデオなどでヨガの動きを知るうちに、自分たちで誰に、どんなヨガが向いているかを分類、分析してコース分けもして体系化していきました。対象別にヨガのポーズや時間を分ける発想は吉野さんの提案らしく、常に相手のことを考えて取り組む姿勢は彼女らしいと思います。いろいろな人が、一つの「ヨガ」で楽しく健康になっていくように、この集まりをclub one(クラブワン)と名付けたのも彼女です。
最初に集まってヨガとストレッチについて研究し出したのは彼女を含めて四人でした。みんな同じゼミの大学生で、そのうちの一人は今、実際にヨガスクールの先生として活躍されているそうです。この大学で立ち上げたclub one(クラブワン)の経験が大いに役に立っていると思います。

吉野美穂子さんの呼びかけで立ち上げられたclub one(クラブワン)。サークル活動として実を結んだのはみんなの積極的な取り組みにあったと言えます。
吉野美穂子さんはまず、ヨガの動きが予防運動やストレッチの親和性に注目。club one(クラブワン)の立ち上げメンバーの一人で一緒のゼミの佐藤さんにそのことを話すと、佐藤さんは高齢者の運動について研究したいと考えており、ヨガなら高齢者や体が不自由な方でもやりやすいのではと思っていたようでした。その提案を吉野美穂子さんは即座に取り入れ、ヨガのポーズの中でも誰に何が有効なのかを分類し女性や男性、高齢の方向け、子供向けなど誰でもできるヨガのコースを作っていきました。
そのうちに、肩こりに効く肩甲骨のみの体操や太ももだけに効く体操などを個別プランニングして、一人ひとりにぴったりのヨガエクササイズに仕立て上げていったのです。基本に忠実で、オリジナリティがある。大学でのサークルならではの若く自由な発想と大胆さ。それがclub one(クラブワン)が大きくなっていた理由でもあるのでしょう。
実際の効果は吉野さんはもちろんクラブメンバーが実感しての通りでした。吉野さん自身はウエスト、足のむくみを中心に構成していたそうです。自ら体験していくのも彼女らしいと言えますよね。2年生になるころにはサークルも倍の10人に増え、交友関係もひろがったとか。人数が増えるにつれて本格さも増し、ブロックやボルスター、ラグなどアイテムも取り扱うようになりました。そのころはインド人講師が開いているホットヨガに通っていたそうです。好奇心と行動力、それに貪欲に情報収集をして行動していくアクティブな彼女だからこそ、サークルも賑やかになっていったのでしょう。

吉野美穂子さんと仲間たちで作っていったヨガサークルclub one(クラブワン)。その活動は家族やほかのゼミの友人、先生の協力もあって徐々に活発になっていきます。
テストに、バイトに、club one(クラブワン)の活動にと忙しい吉野美穂子さんでしたが、やがて卒業が近づき、就職活動も本格的になってくると今後の進路も考えなくてはいけません。就職活動は順調でいくつか内定をもらっていたものの、自分たちのヨガサークルをどうしていくかについても彼女は真剣に、そしてちゃんと考えていました。
そのころのclub one(クラブワン)は後輩も含めて20人くらいのサークルになっており、吉野美穂子さんはみんなの先生役となっていました。とくに若い女性の担当をするだけではなく、ヨガの基本と効果を教えて、その改良の仕方や順番など「自分でもできるヨガ」を広めていきます。彼女は後輩たちに先生役そのものを教えて、伝わるヨガを実践していきました。後輩を育てることや技術を伝えることの大変さは、そのまま人に教えるスキルを磨くことにつながりました。そのがんばりが評価され、彼女は大手総合スポーツジムのインストラクターとして就職が決まり、今でも佐藤さんの勤めるヨガスクールのよきアドバイザーとしても活躍されているそうです。
もちろん今でも大学のヨガサークルには顔を出して、今度はヨガを教えてもらう側として参加しているそうです。私も今度一緒に参加できるそうなのでとても楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 大同電工株式会社をご紹介します。東京都港区に本社を構えており、仮設電気工事にまつわる様々な業務をワン…
  2. 日本ペットシッターサービスは、ペットシッター業務や日本ペットシッターサービスのフランチャイズ事業・ペ…
  3. 西崎泉という人物をご存じの方は少ないかもしれません。西崎泉氏は、ニンバスアソシエイツ株式会社という企…

アーカイブ

ページ上部へ戻る