ニンバス代表西崎泉氏の言葉

西崎泉という人物をご存じの方は少ないかもしれません。西崎泉氏は、ニンバスアソシエイツ株式会社という企業の代表取締役社長を務めている方です。日本国内のありとあらゆるM&A案件を手掛け成功させてきた、実績も豊富なニンバスアソシエイツ株式会社の代表である彼ですが、ここでは西崎氏が唱えるM&Aの注意点や心構えなどについて紹介します。

豊富なM&A実績を有するニンバスアソシエイツ株式会社ですが、代表取締役社長を務める西崎泉氏が、もともとM&Aを数多く手掛けてきたことからそこで培ってきたノウハウが実践投入されています。ニンバスは国内外を問わずグローバルにM&A案件を手掛けてきた実績がありますし、クライアントからも信頼が厚い企業として知られています。そんなニンバス代表である西崎泉氏は、会社売却においてもっとも重要なのはしっかりとした事前準備であると説いています。

会社を売却しないといけないという状況に追い込まれてしまうケースは実際に少なくありませんし、このような状況においては経営者の心は常に揺れ動いています。このような状況にあっても会社を売却するのならしっかりとした事前準備が必要であり、ここを疎かにしてしまうといろいろな人に影響が出てしまうため注意が必要だと西崎氏は言っています。また、会社の現状をしっかりと把握し事業や経営面、数字、法務面をきちんと把握しておくことも重要なポイントだと説いています。

また、西崎泉氏はこれまでのM&Aの経験によって売り手と買い手の信頼感は非常に重要であると言っています。西崎氏はニンバスアソシエイツ株式会社を立ち上げる前から数多くのM&A案件に携わってきましたし、中には非常に難易度の高い案件も交じっていました。数えきれないほどの案件を手掛ける中でM&Aは売り手と買い手の信頼関係がもっとも重要であるということが分かったのでしょう。当人たちはつい目先のことばかりに目がいきがちですが、信頼関係を大切にすることがM&Aを成功に導くと西崎氏は言っています。

ニンバスアソシエイツ株式会社の経営者であり、現在でも積極的にM&A案件に携わっている代表取締役社長西崎氏のお言葉を今回は紹介しました。豊富な経験がある彼だからこそ言える重みのある言葉でしょうし、M&Aを検討している方なら彼の言葉を覚えておいて損はないのではないでしょうか。長年の経験に裏付けされた言葉ほど重みと信頼性のあるものはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…
  2. 村瀬孝司は、現在は30歳になろうかというところですが、沢山の人をこれまでに助けてきました。彼は、実は…
  3. トヨタカローラ北越のスタッフは、商品知識に長けていると評判です。自動車は常に様々な情報に囲まれている…

アーカイブ

ページ上部へ戻る