高木文明のスポーツ歴

これまで高木文明が親しんできたスポーツ歴についてお話したいと思います。彼が初めて本格的に運動を始めたのは小学校三年生の時でした。それまでは体育の時間に学校で運動をしたり、放課後や休日に友人たちと公園や児童館で遊ぶ程度でしたが、親の勧めもあり、少年野球チームに入りました。
高木文明は小学校時代からプロ野球の読売巨人軍の大ファンでして、特にサードを守っていた原辰徳選手が好きでした。原選手のバッティングフォームを少年雑誌に載っている写真を見ながら真似をしたり、自分が原選手になりきって活躍しているところを想像するのが大好きだったのです。
そして小学校3年に進級したのを機に、地元で活動している少年野球チームに入りました。運動神経はそこそこ自信があったので、キャッチボールから初めて、キャッチングの練習にどんどん熱中していきました。コーチからも守備の面の反応の良さをほめられることが多く、自分が上達するのが楽しくて、毎日日が暮れるまで練習をしていました。
そして小学校5年生になる頃には高木文明もチームのレギュラーに定着をしていました。彼は初めてユニフォームを着た時の感激は今でもよく覚えているそうです。決して強いチームではなかったのですが、県の少年野球大会では準決勝まで進むことができて、プロ野球チームも使用しているグラウンドで準決勝を行いました。この時もプロ野球選手が実際に試合しているグラウンドで試合をするということで、非常に感動していました。
しかし、その試合は高木文明のエラーもあって負けてしまいました。試合前から何となく、そこまでの結果に満足をしていたのでしょうね。今でもその時の試合の油断を悔やんでいます。

中学生となった高木文明は、中学校でも当然のように野球部に入り、毎日練習で汗を流しました。先輩後輩といった上下関係が非常に厳しい学校で、最初のうちは苦労することもありましたが、元々野球チームで知っている先輩も多かったので、練習にはすぐに慣れることができました。憧れのサードを守ることを目指し、ゴロやライナーの捕球練習をよく行いました。またバッティングにも力を入れたいと思って、この頃からウェイトトレーニングを非常によく行うようになりました。毎日腹筋を300回、腕立て伏せも300回、スクワットも300回など練習が終わって家に帰ってからも、家の庭でウェイトトレーニングに励みました。
今振り返ってみても高木文明は中学時代体力が有り余っていたな、と思います。とても現在の高木文明では同じようにはできないですね。まさに若さならではと言えるでしょう。この練習の甲斐もあり、バッティングの飛距離も伸びて2年からはクリーンナップに定着をすることができました。
3年の地区大会では2回戦で決勝ホームランを打ったことを覚えています。ホームランを打った時の手の感触は、芯に当たるので反動がなく、全く手に痛みが残らないんですよね。結局3年間で最も進んだのは地区大会の準々決勝でした。
そして高木文明は高校に進学します。野球部推薦などはなかったので、自力で入れる野球部の強い学校を目指しました。なんとか入れたのですが、その学校では部員がなんと一学年で50人以上いるという強豪校で、自分より上手い人間が山ほどいる環境でした。三年間必死で頑張りましたが、結局レギュラーにはなれずに3年の時に代打で試合に出してもらったのみでした。チームは県の準決勝まで行ったんですけどね。

そして3年の夏も終わり、甲子園という目標が達成できなかったので、高木文明は大学進学を志しました。東京の大学に行ってその時はもう野球を諦めることをすっぱりと決意していたので、半年でも受験勉強に集中したそうです。そのおかげもあってか、なんと現役で大学に合格し東京で一人暮らしを始めました。
高木文明は野球はやめたと言っても体を動かすこと自体は好きなので、運動部以外で始めやすいアウトドアな部活を探しました、そうするとサークルの新入生勧誘の時期にワンダーフォーゲル部に勧誘されました。正直聞いたことのない単語だったので、何となく食事について行ったのがきっかけです。新入生勧誘の時期は、皆奢ってくれるので、優しい人たちと思い、そのままサークルに入りました。
いわゆる山岳部みたいなものだと気がついたのは、新入生勧誘時期も終わってからでした。高木文明はそれまで山にはほとんど登ったこともなく、どうしたら良いのかなども知らなかったのですが、いきなり夏休みに富士山に登ることになり、面食らったことを覚えています。ただし体力には自信があったので、なんとかなるだろうと前向きに考え、先輩と一緒に練習をしたり、それほど高くない近隣の山にどんどん登って行きました。
そしてほぼ素人ながら周囲の助けもあり、富士山登頂に成功。頂上から見る光景は大変綺麗だったのを高木文明は今でも印象深く覚えています。その後大学4年間で暇を見つけては、国内の山に週末や休みの時期を合わせて100ぐらい制覇しました。
今でもその時のサークル仲間と時々山に登ったりして、友人づきあいを続けているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、サービス経済の成長に伴い、顧客にサービスを提供する企業と従業員が増加しています。そして、対人サ…
  2. 2018年に入り値上げが続いていますが、この時期もさまざまなものが値上がりしてしまいます……!どのよ…
  3. 近年、悪質なリフォーム業者による被害が急増しています。エス&ケイ(株)は、リフォームに関するトラブル…
ページ上部へ戻る