庄古知久と救命救急センターの最先端医療

千葉県松戸市に施設がある総合病院、松戸市立病院は内科や外科、産婦人科、眼科などあらゆる診療科目を扱っています。地域住民から信頼されている病院で、日常的に多くの患者が来院しています。松戸市立病院は理念として「誰が来ても良かったと思える病院を目指す」ということを掲げています。すべての患者さんが来院して良かったと思える病院になりたいと考えていますし、そのためのあらゆる取り組みを行っているのも特徴と言えるでしょう。インフォームドコンセントを大切にした医療を提供しており、医師目線での医療ではなくあくまで患者さんの目線になった医療を届けることにこだわっています。それを可能とするために患者さんとの対話、コミュニケーションも大切に考えていますし、対話によって円滑な医療行為の提供ができると考えています。がん患者やその家族向けの緩和ケア教室を開いたり、院内コンサートを開いて患者さんに喜んでもらおうとしたりするなどいろいろな取り組みを行っており、こうした姿勢が松戸市民から支持されています。常に安心と安全の医療を提供するため医師や看護師、その他スタッフも日々研鑽を重ねています。

松戸市立病院の救命救急センターは昭和60年に開設されました。それなりの長い歴史を持つ救命救急センターで、現在は庄古知久氏がセンター長を務めています。救急医学や災害医学のエキスパートとして知られる庄古知久氏はこれまでに大勢の患者を救ってきた実績がありますし、救命救急センターで働く大勢のスタッフからも親しまれています。松戸市立病院の救命救急センターでは24時間態勢の患者受け入れを行っていますし、松戸市だけでなく近郊からも患者を受け入れているのが大きな特徴と言えるでしょう。これまで大勢の患者を受け入れては治療を提供し、たくさんの命を救ってきた実績もあります。平成25年からは松戸市民の救命率をさらに高めたいとの思いからドクターカーの運用も行っており、緊急性が求められる患者のもとにいち早くドクターを派遣できるようになりました。ドクターカーを運用することによって病院に運び込む前から治療を行うことが可能となりますし、これまでにもドクターカーのおかげで助かった患者もたくさんいます。今後はますますドクターカーの需要は高まっていくのではないでしょうか。

松戸市立病院の救命救急センターは最先端の医療機器を導入しています。センターの外来には最先端の医療機器が整備されていますし、それによって質の高い救急治療が可能となっているのです。質の高い医療を提供して緊急性が求められる患者を救うためには最先端の医療機器が必要不可欠となりますし、そのために救命救急センターでは最先端医療機器を惜しげもなく導入しているのです。もちろん、最先端の医療機器を導入すればそれで大丈夫というわけではありませんが、救命率を高めることはできるでしょう。いくらドクターが神がかり的な技術と知識を持っていたとしても医療機器そのものが古い、使えないとなると意味がありません。それだと本末転倒ですし、救えるはずだった命も救えなくなってしまうのではないでしょうか。そのようなことにならないよう、救命救急センターには最先端の医療機器を導入し常に最新の医療が提供できるような体制を整えているのです。安全な最新の医療を提供するために導入された最先端医療機器と、それを使用する救急医学のエキスパートによって多くの患者が救われているのも事実です。今後も松戸市立病院の救命救急センターでは重症患者を救うためにあらゆる手立てを考えていくことでしょう。

松戸市立病院
http://www.city.matsudo.chiba.jp/hospital/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、サービス経済の成長に伴い、顧客にサービスを提供する企業と従業員が増加しています。そして、対人サ…
  2. 2018年に入り値上げが続いていますが、この時期もさまざまなものが値上がりしてしまいます……!どのよ…
  3. 近年、悪質なリフォーム業者による被害が急増しています。エス&ケイ(株)は、リフォームに関するトラブル…
ページ上部へ戻る