とくとく便運送会社と橋口永幸社長の紹介

とくとく便有限会社は、2005年8月9日に橋口永幸氏が立ち上げた運送会社で、資本金は500万円、年商は3億円となっています。資本金500万円から10年ほどで年商が3億円となったのは、社員の頑張りと橋口永幸社長の手腕によるものと言っても良いでしょう。2005年の立ち上げからわずか2年後の2007年には、橋口永幸社長の方針により徳島県徳島市北沖洲の徳島中央市場内に本社を置くまでとなりました。市場に本社を置くことで、顧客からの要望に一早く対応することが可能になりました。
また、この中央市場の周辺施設は充実しており、病院もありますので従業員の急な病気やけがの時も素早く対処できます。このように環境も良いのが、とくとく便有限会社の特長です。

橋口永幸社長のとくとく便有限会社では、大型の冷凍車や大型冷凍ウィング車などを含む16台の車両を所有しています。これらの車両を使って中央市場から新鮮な食材を届けるのが、橋口永幸社長率いるとくとく便有限会社の仕事です。
主に生鮮食料品や冷凍品の配送を行っており、特に水産物の配送については、地元でも信頼を得ています。配送地区は、四国地方、中国地方、九州地方、関西地方など西日本が中心ですが、遠く関東への配送も行っています。

とくとく便有限会社では、14名の社員が団結して業務を行っていますが、橋口永幸社長のもとで一緒に仕事をしてくれる、正社員の配送ドライバーを募集しています。細かな募集要項は、ハローワークや求人を探せるサイトでも確認することができます。基本的な条件として、大型、中型の免許があることはもちろんですが、仕事で10kg以上ある重い荷物を運ぶ必要がありますので、体力に自信を持っている方にもおすすめの職場です。
ドライバーの仕事というのは個人で動くことが多いのですが、橋口永幸社長率いるとくとく便有限会社はチームワークが良いことにも定評があり働きやすい職場です。勤務時間は17時から2時と、夕方から深夜にかけての仕事となりますが、日中の時間を有効に使うことができるというのは利点となるでしょう。給料は月給制となっており、13万円から30万円と、初任給として考えても十分な額を手にすることができます。経験者は優遇されますが、仕事に対してやる気がみられる人が特に求められています。
とくとく便有限会社の橋口永幸社長のもとで働いてみたいという方は、一度問い合わせをしてみるのも良いでしょう。まだまだ成長している会社ですから、この会社で働くことには意味があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ラファエロブランドストーリーラファエロは世界の歴史を巡る”革の探求者”であり、 王侯貴族の気品を現代…
  2. 徳永祐助はインテリアデザイナーをしており、その仕事に日々やりがいを感じています。多くの人は自分の好き…
  3. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…

アーカイブ

ページ上部へ戻る